アメリカ旅行6日目

ハヤシ製作所の林です。

アメリカ旅行6日目は、スティーブンの家の広大な庭で、散弾銃やピストルを使ってクレイ射撃。大勢でした方が楽しいと言う事なので、彼の友人も呼び4人でスタート。散弾銃の使い方を簡単に教えてもらい、そんじゃ撃って!と言う感じでいきなりクレイを飛ばされ、撃つ余裕も無くクレイが着地。何で撃たないんだよ!と言われ、心の準備が出来て無いんだよっ!と、言い返したかったが、そんな難しい英語は話せず、ソーリーと言ってごまかす。

次は撃つ!の気持ちでクレイに向かって引き金を弾く。と、同時に大きな銃なので撃った後の衝撃で、肩に銃の柄の部分がぶつかってくる。その後もクレイに向かって何度も引き金を弾き続け、肩を真っ赤に腫らしながらクレイを狙う。2回位は命中して、楽しいけど恐いひと時を終えました。

スティーブン達は子供の頃から射撃をしているので、とても慣れた様子。私なんて、銃を見ただけで恐いと思ってしまいました。

image

image image