お気に入りの一冊〝テレンスコンランの収納術〟

私が家具職人の修行時代、テレンスコンランの収納術と言う本に出会いました。ラッピングされていて立ち読みする事も出来ず、価格は5千円とかなり高価でした。あの頃はインターネットが普及していない為、紙媒体が唯一の情報手段です。泣けなしのお金を店員さんに渡し、隅々まで読みました。

この本の著者テレンスコンランさんはイギリスの家具デザイナー、家具工場経営者、ショップ経営者など、沢山の顔を持つ人です。モノを飾る、美しく収納する、素敵な空間を作る、そういうセンスがズバ抜けています。いつ見ても、何度見ても綺麗やなぁ〜、と思わせてくれるこの一冊です。特に感じるのは生活感がある空間でも、とても綺麗な空間作りをしている所です。最近の建築誌を見ると、誰も住んでいない新しい家を写しています。それは綺麗な空間が写せて当たり前です。何も無いシンプルな暮らしに皆さん憧れていますからね。しかし生活するとテレビやゴミ箱、雑誌に食料、沢山のモノが家に配置され、ゴチャゴチャした空間になります。

そう言う困り事の解決をこの本が教えてくれました。今ではお客さんと打ち合わせする時にかかせない参考資料です。インターネットも便利ですが、本を読んで得た知識の方が何倍も勉強になり、今の自分の糧になってるんだなぁ〜と、打ち合わせから帰ってしみじみと感じました。

image