特権

最近、毎週渓流釣りに行っている。
多い時は週2回行ったりもする。
そして2時間で5匹程釣っている。
とても良い釣果だ。

しかしこんな良い釣果なのは、一年で6月と7月と9月だけ。
7月下旬になると、オロロと呼ばれるアブが羽化する季節。
奴らは半端ない。二酸化炭素を嗅ぎつけて集団でやって来る。
それは数えきれない程の黒い塊で、私の車の周りを飛んでいる。
そしてコンコンと車に当たって、ノックして来る。

間違ってドアを開けようものなら、奴らはいっせいに車の中に入り私の体を刺しまくる。
最悪の場合、アナフィラキシーショックで死に至る。

そんなリスクは負いたくないので、7月下旬〜8月いっぱいは釣りはお休み。
9月になればオロロはいなくなるが、天気が不安定になる。

ちなみに10月〜2月までは禁漁期間、3月〜5月は雪解け水の影響で川の水量がとても増える。
水量が増えると危険度も増すし、魚の棲むエリアが増えるので釣れにくくなる。

結果、6月、7月、9月 天気の良い日が続くと川の水が減り、水深のある場所にイワナが溜まる。

それを思うとウズウズして、たまに釣りに行ったりしている。

その分の仕事の遅れは残業などで全てカバー。これが自営業の特権ですな!
IMG_3099

写真は私が渓流で釣った23センチのニジマス。(全然自慢するサイズではございません)

シャイな人達

最近シャイな人達がよく工場に来る。

先日、九州から工場見学に来たいと電話があり、快諾した。
そして23歳男子が弊社を訪れたのだが、自分からは何も話さない。
私が会社案内を2時間程話し、質問ありますか?と尋ねても〝ありません〟
と答え、気が済んだのか九州に帰っていった。
どうやらシャイな性格らしい。

そう言えば去年も秋田県から若い男子が工場見学に来たが、
同じ様に帰っていった。

今週は高校のインターンシップで、男子2名を受け入れた。
最初の挨拶で、彼らがシャイなのが理解出来た。
何とか彼らとの距離を縮めようと沢山話し掛けるが、
〝緊張している〟を理由に話してくれない。

〝人見知りなんです、緊張しているんです、シャイなんです〟を理由に、
下駄を預けられても困る。
弊社を選んで自分から来ているのだから、自分から話す努力をして欲しい。

と思っていたインターンシップ最終日、高校生が話し掛けて来た。

そして少し笑顔が生まれる。
少しづつ緊張がほぐれてきたのか、自分から動く事を覚えチーク材のトレイを真剣に作っている。
枠を組み、カンナで削り、サンディングを終え、リボス塗装を施す。
設計から製作、塗装工程を学び、家でトレイを使い検証までしてもらう。
IMG_3096
彼らなりに一生懸命考えていたんだろうな。
大人よりも高校生の方が順応性が高く素直なので、伸びるスピードが速い。
彼らの成長を間近で見る事が出来、ちょっと嬉しい瞬間だった。

Special thanks
1年前に寿退社した司が、東京からインターンシップのお手伝いに来てくれた。
私の手がふさがっているのを見て、パパッと高校生達に指示をしている。
そしてササッと掃除をして、周りのタイミングを計っている。
そのキレキレの頭は健在で、今回も大助かりやった。

隠れた才能

IMG_3091

とある平日、仕事を半日だけ休み 早朝から渓流に出かけた。
かれこれ渓流釣り歴25年、下手の横好きで続けている。最初はルアーフィッシングから始め、次はシンプルな餌釣り、そして今回初めての毛鉤での釣りだ。

毛鉤での釣り、通称〝テンカラ〝 日本に昔からある釣り方で、針に水鳥の毛を巻き虫の様に見せ水面に着地させる。
そして3秒から5秒位流して反応を見る。何も反応が無い場合はもう一度繰り返すか違う場所に落とす。
簡単に思えるが重りを付けないので、思い通りの場所に打ち込むのは至難の技。

初めてのテンカラ釣り、当然1匹も釣れないのを覚悟していたが、開始から30分 水底からイワナが顔を出し毛鉤に食いついた!
〝ググッと竿がしなる〝
なかなかの引きを味わいながら、岸際にイワナを寄せる。30センチ近いイワナに出会う。

クーラーボックスを持って来ていないので、尾ビレをビュンと振って川に戻って行く。
まだ手に引いた時の感覚が残っている。そんな余韻に浸りながら、ヤル気が湧いてくる。

そして20分後、また大きく竿がしなる。
〝竿先がビュンビュン唸りだす〝
興奮しながらも丁寧に岸際に寄せる。
なんと25センチ程のヤマメだ。渓流の女王 〝山女〝と言われるこの魚、本当に美しい。
上の写真がヤマメ、残念ながらカメラを持っていなかったので、私が釣ったものではないが…

その後も順調に2匹イワナを釣り、2時間程で4匹と嬉しい釣果だ。
このサイズのイワナやヤマメ、この短時間、今までの渓流釣りで1番良い釣果だろう。

まだ私に〝隠れた才能〝があったなんて!
テンカラ釣り、これは面白い釣りだ。
IMG_3092

グミの王様

先日〝スーツケースのハヤシさんですか?〝と電話が掛かってきた。
〝ウチはオーダー家具を製作する会社なので、スーツケースは作っておりません〝と答えると、
〝スーツケースで検索したら、ハヤシさんのサイトが出て来ましたよ〝と言われる。
〝去年スーツケースを購入したとブログに書きましたが、作っているとは一言も書いておりません〝
〝あー、そうなんですか〜、すみません〝と電話を終える。

検索したんなら、最後までブログ読んでほしいなあ。早とちり過ぎてちょっと面白かったけど。

今日も仕事とは全然関係無い話を書くが、家具や家具職人見習い募集についての問い合わせは毎日待っている。

ここ数年グミが好きだ。
そしてハード系のグミが私の好み。
国産に多いフニャっとしたモノや中にジュレが入っているモノは全く口に合わない。

グミの王道と言えばドイツ製のハリボー。クマの形とカラフルなグミで、簡単には噛みきれない。
そして味もイケるし、色によって味が違うのも良い。ただ、少し高い。一袋100グラム入りで200円が相場。ヘビーユーザーの私的にはもう少しお安い方が嬉しいと常々思っていた。

そして先日、ダイソーで運命の出会いを果たした。
〝ネオン ベアーズ〝と言うとてもハリボーに似せているグミ。
原産国もスペインとエキゾチック感漂う。
内容量も80グラム100円とかなりお得。そして色合いもハリボーよりビビッドで毒々しさが漂う。
そもそも食べ物に青色をチョイスする辺りは、一体何の味に似せるのだろうかと興味が湧きたてられる。

食感はハリボーと同じ、味はハリボーとは若干違い想像通り毒毒しくて美味。青色は普通に美味いが、黄色のレモン味が酸味があって、最初食べた時に吐き出そうかと思ったが、今はそれがクセになる。

先日、ダイソーで大人買いを済ませ、最近お腹の調子が悪いのはそのせいだろうか?と悩む今日この頃。
IMG_3090IMG_3089

ヌマエビとメダカ

IMG_3088

我が家のメダカが卵を産んだ。
メダカのお腹に10個位の卵を付けて泳いでいる様に愛おしさを感じ、待つ事10日間メダカの赤ちゃんが誕生した。
そしてヌマエビも卵を付けて今泳いでいる。

もう水槽の中がベビーラッシュでとても賑やかになってきた。
そして赤ちゃん達の隠れ家として水草を増やし、ミズゴケなども流木や石に縛り付け、枯山水の様に各所に配置してみる。

レイアウトの出来た水槽を、毎日ボーッとみるのがここ最近の流行りごと。
瞬く間に時間が経ってしまう。

小5の思い出

小学校5年生の時、学校でラジコンが流行した。
当時の価格で3万円以上するものを、父親にねだり工場でアルバイトをする事を条件に買ってもらった。
1/10のラジコンは全てプラモデルの様に組み立て式で 、夢中になって組み立て走らせていた。

それから30年余り経った今、突然はしかにかかった様にラジコンが欲しくなって来た。
何故かはわからない。おそらく昔の楽しかった記憶がフラッシュバックしたのだろう。

そして検討する事1ヶ月、我が家にラジコンが届いた。
久々のラジコンの組み立て作業、こんなに難しかったっけ?と悪戦苦闘する事1週間、なんとか完成!

今回ラジコンを組み立てて思ったのは、老舗メーカー〝タミヤ〟の説明書がとても見やすい事。
ネジなどを含めると500点以上あるパーツを組み立てる説明書、全てを細かく書くとゴチャゴチャした図面になってしまう。そこを踏まえて端的な図面で、〝細い所は自分で考えればわかるでしょ、わからない場合は考えて調べてね!〟的な説明書になっている。

私も家具の図面を書くが細かい寸法や収まりは書かない。しかし、つじつまはキッチリ合う図面を書いている。
複雑なモノをわかりやすくする事、それが図面であり説明書であると、消費者は使いやすいモノになる。
小5の私にも作れたラジコン、それは図面ありきなんやと今更理解した。

IMG_3071

カワサキプラザ富山店様

IMG_3069
3月1日にカワサキプラザ富山店がオープンした。
そして4メートルを超す大きなカウンター 、商談ブースのパーテーションやテーブルなど、沢山の家具を作らせていただいた。
カワサキプラザのイメージカラーに添うように、マットブラック、 メープルイエロー、シルバーの3色の色使いで製作。

カウンターは本当に大きくて一体製作をしてしまうと、入り口から入らなくなってしまう。そのために2分割で製作するのだが、分解してある場所が目立ってしまう。そういう所は腕の見せ所と、綺麗に収める事が出来た。

カウンター内部もパソコン、プリンター、モデム、電話やFAXまで、使いやすく収納や可動式天板などを考慮して作ってある。座った状態でも、立った状態でも使いやすいパソコンテーブルの高さ、色々と検証しての製作。しかし肝心な写真を撮り忘れた。

北陸でカワサキのオートバイを買えるのはここのお店だけらしく、オープンから沢山のお客さんでにぎわっている。私も一台欲しいのだが、新車となると150万円オーバーのものばかりで、手が出ない…
IMG_3060
IMG_3061
IMG_3065

オピネルナイフ ♯9

オピネルのナイフを買った。今回で2本目だ。#9と言うのは刃の長さが9センチの事を言う。

何故2本目を買ったかと言うと
先月フィリピンに行った時、マニラ市内の電車の改札で警備員に止められた。そして手荷物チェックを受けた。

フィリピンは銃の所持が法律上OKなので、スーパーマーケットや駅など人が沢山集まる場所では、手荷物検査が行われている。バッグの中をチラッと見せれば良いので、瞬時に検査は終わる。

しかし私が止められ時は、空港ばりのセキュリティチェックを受け、X線でバッグの中を検査された。
何事も無いようにバッグを受け取ろうとすると、警備員が〝Do you have a knife?〟と聞いてくる。

あっ、不味い…。市場に行って果物を食べる様のナイフを所持してた事を思い出す。
しかも刃渡り9センチあるので、日本だと正当な理由無く所持していると、銃刀法違反になる。

警備員に笑顔で〝Yes, I’m sorry 〟所持しているのを忘れてたんだ、勘弁してくれない?と伝えるが、
入国審査のオッサンみたいに怖い顔で、〝パスポート〟と言ってくる。

パスポートを手渡すとジロジロと写真と私を交互に睨み、私のパスポートナンバー等をノートに控えている。
そしてパスポートは返してもらえたが、もちろんナイフは取り上げられた。

あのオピネルのナイフには沢山の思い出が残っていて、本当に大切な物だったが私の不注意で無くなってしまった。
手荷物検査を受ける前に申告していたら、と悔やんでしまう。と言うか海外にナイフを持っていくのは今後NGやな。

IMG_3048

ちょっとマニラに…

先日買ったスーツケースを持って、フィリピンの首都マニラにやって来た。

〝マニラは治安が良くないから気をつけて〟と言う言葉を沢山の人から聞き、深夜3時のマニラ空港で、どうやって安全なタクシーを探そうかと考えていた。

飛行機で隣に座っていた日本在住のフィリピン人アンジェロさん、その話をすると

〝俺が安全なタクシーを手配するから大丈夫だよ。何かあれば彼はファミリーだ、と言えば良い〟と言ってタクシーを手配してくれ、タクシー料金と大きなチップまで運転手さんに手渡していた。
めちゃくちゃ男気があってカッコ良い!
もう、フィリピンが一気に好きな外国ランキング1位になってしまう。

そんな幸運に恵まれ無事ホテルに到着。

次の日の朝からスペイン領土時代の産物、サンアグスチン教会に向けて出発をする。

今回乗ってみたかったのは、ジプニーと言う乗り合いバス。
走っているジプニーを探し、サイドに書いてある行き先を確認して、手を上げて停める。そして後ろから乗り込み、運転手に8ペソ(20円)を手渡す。運転手まで手が届かない場合は隣の人に手渡せば、バケツリレーの要領で払える。お釣りがあればその逆で返ってくる。
IMG_3039
(上の写真がジプニー)
乗り心地は悪く、しっかり捕まっていないと天井に頭をぶつけそうだ。おまけに急ブレーキも沢山ある。目的地に近づくと、壁をコインでコンコンと叩けば止まってくれる。街の中をビュンビュンと走り周っているので、市民の足として大活躍だ。

30分程でお目当のサンアグスチン教会に到着。
今回はバロック様式を見たくて来たのだが、幸運な事に中で結婚式をしている。
期待を胸に中に入ろうとするが、入場禁止の札が立ちはだかる。

どうしても見たかったので窓の隙間から10分程見ていると、
余程物欲しそうな顔をしてたのか、警備のお姉さんが特別に中に入る事を許可してくれた。

もう、中に入ると別世界!
天井が留まる事を知らない位高く、そして装飾の美しさ。
どこを見ても退屈な空間など無く、デコラティブな世界。
そしてピアノと弦楽器の音が鳴り響き、家族からの祝福の言葉や歓声の声で、本当に幸せに包まれている。
こんな温かい気持ちになったのは、いつぶりだろうか?
なんだか良くわからないが涙が出そうになってしまう。

やはり海外に来ると、心の底から震える感覚があり、感性を研ぎ澄ますには良い環境だ。
IMG_3040

フィグロール

IMG_3037イギリス人の友人トムが、日本に帰ってきた。
私は彼に日本の文化と日本語を、彼は私にイギリスの文化と英語を教えてくれる。
たまに彼と英語で話している時に、本当に自分は英語が話せていると勘違いするくらい、彼の語学に対する寛容力は広い。

もともとイギリスでは移民が多く、ロンドンではフランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、中国語、等々、様々な言語が飛び交っていて、英語で話している人の方が少ないよ。と彼は言う。

そして英語になると様々な地域で話されているかわりに、訛りが強くその訛りに対応出来るのが国際的豊かなイギリス人らしい。

例えばアメリカでは水をワーラー、イギリスではウオーターと明らかな発音の違いがある。
日本人としては、イギリス英語の方が断然ヒアリングしやすい。

そんな文化の話をしながら、食べ物の話も沢山する。

イギリスで有名なお菓子って何?と聞いたら、フィグロールと答えが帰ってきた。
イチジクの実を干したものを小麦粉で巻いたものらしい。

すごく食べたい!!!とアピールしたら、わざわざイギリスから彼が取り寄せてくれた。

さて気になるお味は? レーズンロールのイチジク味、でも果肉が沢山入っていて、めちゃくちゃ美味い!
先日買ったばかりのスコッチを一口飲んで、フィグロールを食べる。これがドンピシャで合う。
いつもよりもスコッチを飲み過ぎてしまった。