工場見学vol.2

こんにちはーハヤシ製作所のツカサです。
先日とっても天気が良かったので、お花見をしつつ金沢の工房を見学させて頂きました。
今回お邪魔させて頂いたのは金沢桐工芸の工房で、大正時代創業の現在5代目と言う歴史ある工房です。
image

この工房は、金沢の伝統工芸である桐工芸で火鉢やトレーなどを製作しておられます。

歩いて行くと工房の手前から木の香ばしい匂いが漂っていました。

中に入ると昭和初期からあるという機械が現役で活躍しており、布の帯で繋がった動力が動きだすとカタカタと言う音と共に何とも心地よい雰囲気でした。(写真ではわかりづらいですが個人的にはとても興奮した瞬間でした。(笑)

image

桐材の丸太の輪切り状態から火鉢を製作する作業を見せて頂きました。

木工の旋盤を使い内側と外側を順番に削り形を作っていくそうです。

簡単そうに作業をしておられましたが、下書きもなく削っていかれる職人技にただただ感動しました。

image

image

この後バーナーで炙り、軽く研磨をして完成。

バーナーで炙ることで表面に木目が浮き出てうづくり仕上げのようになるそうです。

これが桐工芸ならではの焼肌で、とてもあたたかみが感じられました。

image

隣にあるお店にもお邪魔して完成した製品もたくさん見せて頂きました。

(完成品の写真を撮るのを忘れていたので気になった方はぜひ実際にお店に行ってみて下さい( ´ ▽ ` )ノ

お仕事中に突然お邪魔したにも関わらず、丁寧に説明して頂きました。ありがとうございました。

金沢桐工芸 岩本清商店  http://www.kirikougei.com