富山マテリアルワークショップ

ハヤシ製作所の林です。
先日富山県デザインセンターのマテリアルワークショップに
参加して来ました!

これは富山の産業である鋳物やガラスを使って異素材と組み合わせ、
その製造工程をスタッフの手を借りながら自分達で製作して、
素材や技術を学び新しい価値観を見出そうという企画です。

今回作ったのは先日からブログで書いてるサイドボードの脚を、
鋳物の技術を使って真鍮製で
型作り〜鋳造〜仕上げと3日間かけて製作です。

初めての真鍮製鋳物、金属をドロドロに溶かして型に流し込み
出来上がった鋳物をひたすら歯医者さんとかで使うリューターで
細かく削り、何工程もえてピカピカにツヤをだしていきます。

これが無茶苦茶大変で、ただひたすら研磨あるのみ!って感じです。
普段木を削って硬いな〜何て思ってたけど、やはり金属はもっと硬くて
ちょっと削るのに1時間位かかってしまいます。

サイドボード2台分の脚、合計8本 スタッフからは4本作るのが限界だと
言われてましたが、どうしても8本欲しくてみなさんの手を借りて何とか完成!
が、アドバイザーから2本サイドボードあるんなら1本立てた展示した方が
印象良いだろう〜と、言われ次が弊社でサイドボードの作り直しに
なったりとか‥。
お披露目は10月2日〜 6日 富山国際会議場で見れます。

今回は8組の素晴らしいデザイナーさん達と一緒にワークショップができ、
めちゃくちゃ楽しい3日間でした!
彼らと共に考え 製作に集中して、夜はお酒飲みながら
語った時間が 本当に充実してて、とてもいい機会を
与えてくださった関係者に感謝です。

素材や技術との出会いも素晴らしいですが、人との出会いに勝る
モノはないな〜と強く感じた時間でした。

 

imageimageimageimage