バードゲージを囲う家具調バードゲージ

コザクラインコをヒナ鳥から飼って2週間、今日から少しだけ飛び始めました。ヒナ鳥の時は保温性をよくする為、虫カゴでの飼育でしたが、何度も脱走されるので今日からバードゲージに移し替えました。

バードゲージにも色々種類があり丸いタイプを買いたかったのですが、丸いタイプになると空間認識が難しいらしく、ぶつかって羽を折る可能性がある為、四角くて大きいのを買いました。しかし、そこで問題が発生です。

インコは暗くならないと眠れないらしく、夜はバードゲージに黒い布をかぶせて光を遮らないといけません。大きいゲージですと毎日朝晩布をかぶせるのも大変です。何か方法がないかな〜と、考えていたらヒラメキました。

バードゲージを囲うキャビネットを作る。しかも吊り戸棚にするのでスペースも取りません。朝はキャビネットの扉を開けて光を入れ、夜は光を遮る為に扉を閉める。とてもシンプルな考えで良い感じです。見た目も家具なので、部屋の雰囲気を損なうどころか、アクセントととして空間を彩っています。本当はバードゲージを作りたかったのですが、インコはくちばしが強く木を簡単に食いちぎるので断念。ですが、こんな形で出番があるとは面白いものです。

image

扉を開けるとこんな感じです。

image

扉を閉めると全くバードゲージがあるとは思えません。

image

我が家のリンちゃんです。