ナラ材アンティークスツール2

前回の補足

このスツールの材料はナラ材。しかし普通家具に使うナラ材ではない。
朝日町にある尾山製材さんで買い付けした、その名も〝虫喰いナラ〟

虫喰いされた木材はほぼ価値が無くなるが、
尾山製材さんはそこに目をつけ、一つ一つの個体として木材に価値を付けている。

その虫喰いされた表情は経年変化された風合いを出し、
新品なのにアンティークの雰囲気を感じる。

そしてナラ材の特徴である、〝虎斑〟(トラフ)。
右側にある脚のマダラな模様、これが虎斑だ。

そもそも虎の模様に似ている事から、虎斑と名付けられている。
この虎斑がはっきり出るナラが私の好みだ。

このスツールには、虫喰い、虎斑、白太、と様々な木の表情が入っている。
とてもお気に入りなスツールに仕上がった。
IMG_3164