みつろうクリーム

前回iPadケースの話を書いたついでに、ちょっとだけ塗装の話。

天然系塗料の代表格と言えばオスモやリボスになるが、みつろうクリームもその仲間だと思っている人が多い。
間違ってはいないが、塗装の方法が全く違う。と言うか考え方が違う。

オスモやリボスは、成分のブレンド具合により多少異なるが、基本的にサラサラのオイルだ。
それを直接塗って乾かし、出来れば1週間程置いてから、サンディングをした後にもう一回と言う具合だ。
基本2回塗りをすれば、3回目は不要と言う訳だ。

ミツロウクリームはと言えば、半ねりのオイルなので布に染み込ませ、擦るように塗り込む。
正直全く浸透しない。水ぞうきんで拭くと、せっかく塗ったオイルが取れてしまう。
なので〝表面のオイルが取れてきたなぁ〟と思ったら、再度塗りこむ。
それを何度も繰り返し、光沢を出していく。
10回位?なんて甘いモノではない。長い時間と労力をかけて磨き、成長させる感じのオイルだ。

私の考えでは家具などの大物はオスモやリボス、いつも手に触れるモノはミツロウクリーム、と言った具合で使い分け。
ミツロウクリームをそのまま使うと浸透圧が低いので、私の場合はフライパンの上で温めて、液体状にしてから布で塗りこむ。(燃えるので必ず側で見ながらする事)

結果で言えばミツロウクリームでしっかり磨き込んだモノは、オスモやリボスより美しくなる。でも大変な作業。

念のため、これは私が試してみた現段階の見解と結論。
やり方次第ではもっと良い方法があるかも?
職人は日々、実践しながら階段を上がっていかなければ。IMG_3142

第3回 iPadケースを作ろう!

3年前に作ったiPadケース、誤って落としてしまい破損してしまった。
そんな訳で久しぶりに作ってみる事にした。

木箱を作るイメージで先ずはフレームから。
今回はメープル材を製材して写真の様に溝を掘る。
上下の溝は天板と地板用の溝、真ん中の溝は印籠になる様に掘ってある。
IMG_3139
上箱と下箱、フレーム材でまだ繋がったままの状態で糊を付けて枠を組む。
IMG_3138
糊が乾いたら、上下の箱をカッターで切って分離させる。
そしてまた糊を使って天板と地板をフレームに貼り付け、クランプ留めをして待つ事2時間。
IMG_3137
とりあえず箱が完成。その後iPadが入るように内部を切削して、外部もモナカの形をイメージしてカンナで削る。
(写真を撮り忘れた)

出来上がったモノがコレ。上からみたフォルムは変わりないが、横から見ると30パーセントほど薄く作ってある。
材質も前回はスプルス材のフレームだったが、強度を考えてメープル材に変えてある。天板と地板は前回と同じ米杉材。
強度は前回に比べて5割程強くなるが、その分重くなる。ここら辺が木材選びの難しい所。

IMG_3140

IMG_3141
いつもならミツロウワックスを塗るのだが、今回は試験的に無塗装で使ってみたい。

家具?

IMG_1606
最近お客様以外の工場見学を希望される方が多い。
基本的に工場見学はNGだが、就活や熱意のある見学の場合はOKをしている。

いつも見学前日までに何を話そうかと考える。
そして今更ながら、家具について再度自分に問う。
家具って? その定義って?

灯台下暗し的な事を考えさせられるその時間。
私が手掛けている家具は〝使う〟と言う意識よりも〝飾る〟と言う感覚が多い。

例えるなら壁に絵を飾る感覚だ。フレームが家具で絵がグラスや調度品、本であったりする。
お互いが無いと困る存在、外枠と中味で一対にして魅せる。

画像は下駄箱を兼ねた飾り棚。食器棚、洗面台などの家具の場合でも、同じ考えで設計をする。

ただ単に収納を作ればよい、と言うのは家具職人として無責任過ぎる。
家具が入る事で部屋の雰囲気がフワッとなったり、モダンになったり、その空間を司る重要なアイテムは家具だと思う。
むしろそうあるべきなのだ。

そもそも家具と言う言葉は西洋の家具を指している。日本の家具は指物(さしもの)と言う。
私が求めているのは西洋のそれなので、指物の解釈とは随分違う。

そしてわざわざ西洋まで行かなくても、ベトナム周辺はフランス領だった歴史がある。
今でも沢山の西洋の建築が残っており、アンティークの家具も沢山見れる。
アジアの文化と西洋の文化が入れまじった国。そう言う家具やインテリアをもっと見たい。

家具の事を考えると夢が膨らみ、体中から探究心が湧いてくる。

もう11月。年末のスケジュール空いてた様な…

先絞り丸脚テーブル

半年に一度位のペースでテーブルの受注がある。
今回のテーブルはなかなか大変な一品。

材質はナラ材、普通の広葉樹に比べて比重が2割程高いので、結構堅いんだな。
手鉋をかけていたら、いつになっても終わらないので、極力機械加工にするため治具作りから始める。

脚が先絞り+丸脚と複雑極まりないデザイン。ヌキも大きな円弧を描いている。

ヌキは円弧の型を作って、墨出しして切ればほぼ完成。
と思ったら脚との接合面が、直角では無く若干の勾配がある。
と言う事はヌキのホゾは手加工のオスホゾ加工。

脚は四角柱に製材した後、ヌキ用のホゾ穴を掘る。
そして四角錐にする為、機械で切り出す。
そして円錐に近づけるため、削っていく。

多分文章だけ読んでると、チンプンカンプンやろな。
これを読んで頭でイメージ出来る人、結構な木工職人です。

こんな複雑な脚を作っていると、フラットな天板を作るのは朝飯前。

とても素敵なテーブルが完成、自宅用に欲しくなった一品だ。
IMG_3128

台湾視察2

海外に行くとその土地の食べ物や文化を体験するのも旅の醍醐味。

今回はエビ釣りを体験してみた。1時間で1200円程、
エビを釣り放題で釣ったエビは無料で串焼きで食べれるとの事。

鳥のレバーを小さく切ったものを餌にして、開始15分でウキが沈み出す。
おおっ!と思い竿を立てたらバレてしまった。初めてのエビ釣りなので、興奮で早合わせ。

その後は落ち着いて1時間で3匹釣り、ビールと一緒に頂く。これは美味いのは当たり前でしょ!
IMG_3104
IMG_3103
他には体験名物〝ビンロウ〟植物の身を噛みタバコみたいにクチャクチャ噛むと、赤色の汁が出て来て直ぐに高揚感を得られる。オーガニック脱法ハーブみたいなもの。
完全合法で副作用も無く、ちょっとだけ酔った気分に5分程なれる。
ただし何度も続けると依存性体質になるらしいので、試すのは一度だけ。
IMG_3105
下の写真が臭豆腐、名前の通り半径10メートル程生ゴミの臭いが漂う。
しかし食べて見ると香ばしくて美味い。臭いはきついけどね。
台湾人に聞いてみると日本人が納豆を食べる感覚で、ほとんどの人が当たり前に食べるそう。
IMG_3106

もう1つ〝豚血餅〟その名の通り餅を練る時に、豚の血を混ぜてあるので見た目は真っ赤。
味はレバーを食べているようで、不味くは無いが美味しくも無い。
できれば血が入って無い状態で食べたいものだが、これも台湾の当たり前食。
老若男女関係無く食べるらしい。
IMG_3102

今回台湾に行っての感想は、とても治安が良い、みんなとても親切、物価が日本より少し安いが高いものものある。
一言で言うと〝日本にいるみたい!〟
日本語を話せる人が沢山いるし、サインは漢字。日本人用にメニューなども用意してるお店もそれなりにある。
しかも日本人と台湾人の顔はそっくりなので、外人だと誰もわからないので特別扱いも無い。

これは海外旅行初心者には持って来いの国。逆に言うと、海外旅行経験者にはちょっともの足りないかな。
次に台湾に行く事があれば、台北では無く台南の田舎の空気を味わってみたい。

台湾視察

前々から興味があった台湾に行って来た。

台湾と言えば〝千と千尋の神隠し〟のイメージとなったと言われる〝九份〟に赤提灯が灯る時間帯を目掛けて到着。

街はずれの山の中の頂上付近にあるが、そこは人だかりの街になっていた。

そして幅2メートルも無い急勾配の階段を、10分程歩いて行くとその光景が現れる。
正直、映画の光景とはかけ離れていて、映画の方がずっと良い。
しかもその光景はどこからでも見れる訳でも無く、ある一点の場所から見た時の光景だ。
その光景をカメラに収めようと、20分程列についてパチリと一枚。下の写真だ。
何だかんだと言っても、実際この場所に来れて良かった。

IMG_3100

IMG_3101

特権

最近、毎週渓流釣りに行っている。
多い時は週2回行ったりもする。
そして2時間で5匹程釣っている。
とても良い釣果だ。

しかしこんな良い釣果なのは、一年で6月と7月と9月だけ。
7月下旬になると、オロロと呼ばれるアブが羽化する季節。
奴らは半端ない。二酸化炭素を嗅ぎつけて集団でやって来る。
それは数えきれない程の黒い塊で、私の車の周りを飛んでいる。
そしてコンコンと車に当たって、ノックして来る。

間違ってドアを開けようものなら、奴らはいっせいに車の中に入り私の体を刺しまくる。
最悪の場合、アナフィラキシーショックで死に至る。

そんなリスクは負いたくないので、7月下旬〜8月いっぱいは釣りはお休み。
9月になればオロロはいなくなるが、天気が不安定になる。

ちなみに10月〜2月までは禁漁期間、3月〜5月は雪解け水の影響で川の水量がとても増える。
水量が増えると危険度も増すし、魚の棲むエリアが増えるので釣れにくくなる。

結果、6月、7月、9月 天気の良い日が続くと川の水が減り、水深のある場所にイワナが溜まる。

それを思うとウズウズして、たまに釣りに行ったりしている。

その分の仕事の遅れは残業などで全てカバー。これが自営業の特権ですな!
IMG_3099

写真は私が渓流で釣った23センチのニジマス。(全然自慢するサイズではございません)

シャイな人達

最近シャイな人達がよく工場に来る。

先日、九州から工場見学に来たいと電話があり、快諾した。
そして23歳男子が弊社を訪れたのだが、自分からは何も話さない。
私が会社案内を2時間程話し、質問ありますか?と尋ねても〝ありません〟
と答え、気が済んだのか九州に帰っていった。
どうやらシャイな性格らしい。

そう言えば去年も秋田県から若い男子が工場見学に来たが、
同じ様に帰っていった。

今週は高校のインターンシップで、男子2名を受け入れた。
最初の挨拶で、彼らがシャイなのが理解出来た。
何とか彼らとの距離を縮めようと沢山話し掛けるが、
〝緊張している〟を理由に話してくれない。

〝人見知りなんです、緊張しているんです、シャイなんです〟を理由に、
下駄を預けられても困る。
弊社を選んで自分から来ているのだから、自分から話す努力をして欲しい。

と思っていたインターンシップ最終日、高校生が話し掛けて来た。

そして少し笑顔が生まれる。
少しづつ緊張がほぐれてきたのか、自分から動く事を覚えチーク材のトレイを真剣に作っている。
枠を組み、カンナで削り、サンディングを終え、リボス塗装を施す。
設計から製作、塗装工程を学び、家でトレイを使い検証までしてもらう。
IMG_3096
彼らなりに一生懸命考えていたんだろうな。
大人よりも高校生の方が順応性が高く素直なので、伸びるスピードが速い。
彼らの成長を間近で見る事が出来、ちょっと嬉しい瞬間だった。

Special thanks
1年前に寿退社した司が、東京からインターンシップのお手伝いに来てくれた。
私の手がふさがっているのを見て、パパッと高校生達に指示をしている。
そしてササッと掃除をして、周りのタイミングを計っている。
そのキレキレの頭は健在で、今回も大助かりやった。

隠れた才能

IMG_3091

とある平日、仕事を半日だけ休み 早朝から渓流に出かけた。
かれこれ渓流釣り歴25年、下手の横好きで続けている。最初はルアーフィッシングから始め、次はシンプルな餌釣り、そして今回初めての毛鉤での釣りだ。

毛鉤での釣り、通称〝テンカラ〝 日本に昔からある釣り方で、針に水鳥の毛を巻き虫の様に見せ水面に着地させる。
そして3秒から5秒位流して反応を見る。何も反応が無い場合はもう一度繰り返すか違う場所に落とす。
簡単に思えるが重りを付けないので、思い通りの場所に打ち込むのは至難の技。

初めてのテンカラ釣り、当然1匹も釣れないのを覚悟していたが、開始から30分 水底からイワナが顔を出し毛鉤に食いついた!
〝ググッと竿がしなる〝
なかなかの引きを味わいながら、岸際にイワナを寄せる。30センチ近いイワナに出会う。

クーラーボックスを持って来ていないので、尾ビレをビュンと振って川に戻って行く。
まだ手に引いた時の感覚が残っている。そんな余韻に浸りながら、ヤル気が湧いてくる。

そして20分後、また大きく竿がしなる。
〝竿先がビュンビュン唸りだす〝
興奮しながらも丁寧に岸際に寄せる。
なんと25センチ程のヤマメだ。渓流の女王 〝山女〝と言われるこの魚、本当に美しい。
上の写真がヤマメ、残念ながらカメラを持っていなかったので、私が釣ったものではないが…

その後も順調に2匹イワナを釣り、2時間程で4匹と嬉しい釣果だ。
このサイズのイワナやヤマメ、この短時間、今までの渓流釣りで1番良い釣果だろう。

まだ私に〝隠れた才能〝があったなんて!
テンカラ釣り、これは面白い釣りだ。
IMG_3092

グミの王様

先日〝スーツケースのハヤシさんですか?〝と電話が掛かってきた。
〝ウチはオーダー家具を製作する会社なので、スーツケースは作っておりません〝と答えると、
〝スーツケースで検索したら、ハヤシさんのサイトが出て来ましたよ〝と言われる。
〝去年スーツケースを購入したとブログに書きましたが、作っているとは一言も書いておりません〝
〝あー、そうなんですか〜、すみません〝と電話を終える。

検索したんなら、最後までブログ読んでほしいなあ。早とちり過ぎてちょっと面白かったけど。

今日も仕事とは全然関係無い話を書くが、家具や家具職人見習い募集についての問い合わせは毎日待っている。

ここ数年グミが好きだ。
そしてハード系のグミが私の好み。
国産に多いフニャっとしたモノや中にジュレが入っているモノは全く口に合わない。

グミの王道と言えばドイツ製のハリボー。クマの形とカラフルなグミで、簡単には噛みきれない。
そして味もイケるし、色によって味が違うのも良い。ただ、少し高い。一袋100グラム入りで200円が相場。ヘビーユーザーの私的にはもう少しお安い方が嬉しいと常々思っていた。

そして先日、ダイソーで運命の出会いを果たした。
〝ネオン ベアーズ〝と言うとてもハリボーに似せているグミ。
原産国もスペインとエキゾチック感漂う。
内容量も80グラム100円とかなりお得。そして色合いもハリボーよりビビッドで毒々しさが漂う。
そもそも食べ物に青色をチョイスする辺りは、一体何の味に似せるのだろうかと興味が湧きたてられる。

食感はハリボーと同じ、味はハリボーとは若干違い想像通り毒毒しくて美味。青色は普通に美味いが、黄色のレモン味が酸味があって、最初食べた時に吐き出そうかと思ったが、今はそれがクセになる。

先日、ダイソーで大人買いを済ませ、最近お腹の調子が悪いのはそのせいだろうか?と悩む今日この頃。
IMG_3090IMG_3089