リゾートホテルをオマージュ5

天井、壁、床、照明、建具、と来て
今回はやっと家具。
家具をデザインする時、これくらいの建築の
ノウハウを知ってないと、
その空間にあった家具は提案出来ない。

家具は建築の縮小したモノだと思う。

DF39369B-9193-4109-ABCD-51EDBF04A2DF
ベッドの頭付近に設置するヘッドボード、これは雰囲気としては絶対に必要。
ここに収納などを付けると生活感が出てしまう
ので、スッキリしたモノを設計。

材質はローズウッド
枕元なので濃色で引き締めるのが狙い。
真鍮製のスイッチも、とても映える。
21134FA7-EA73-4B95-ABA1-30D7DF6BA103

435B4A71-5718-4F3E-AEE4-0E53536A3792

家具らしい家具と言えば、これだけ。
真っ白のシンプルなボックスに、
真鍮製の引き出し。
引き出しの間隔に大きな隙間を設ける事で、
軽快感を出している。

この真鍮製の引き出し今は多少ギラついているが、
経年変化をする素材なので最終的には少し黒ずみ、
鈍い艶を出す事を予想している。
27645AAD-8760-40E9-B00D-4F488A705E66

リゾートホテルをオマージュ4

4C761A50-58FF-4319-82BF-4F6684C0197F
今回は建具。
枠材がチーク材なので、建具もチーク色にする。と言うのが一般的。
失敗はしないが特別な空間にはならない。

建具は面積も大きいのでそれを茶色にすると、ちょっと野暮ったく見える。

解決策として、枠は茶色で建具は白にする。
そして建具にモールディングを施し、
陰影だけで模様を彩る。
そうすると輪郭線だけハッキリ見えて、
スッキリしたモノになる。

難しいのは取手の選び方。
ほとんどの設計士は新品の取手しか
選ばせくれない。
ここにピカッとした取手が付くと、
雰囲気が壊れる。

しかし、素人がアンティークな取手を購入しても、
取り付けピッチや三角バネの関係で、
付けれない確率は高い。

失敗しても買い直す覚悟で買うか、
それを理解している職人に手配してもらうかの
2択になる。
436FB881-EA90-497A-966C-B4187666ADB3

リゾートホテルをオマージュ3

303F5113-9B57-46CC-ACC5-388E84FB2C71

今回は照明。
リゾートホテルをオマージュしながらも、学校の教室と廊下の関係を考える。
教室内から見える外の景色と、廊下に貼ってある掲示物等。

これをリゾートホテルに落とし込むと、廊下にはアートが飾られ、窓からは綺麗な庭が見える。

そのアートと庭を照らす照明があれば、そこから漏れてくる光だけで事は足りる。

反対側の壁には船舶用のデッキライトを取り付け、影まで楽しめる仕組み。
0467D238-B52B-4EEB-A6C6-9155BA15383C

ちょっとだけクラフトを制作。
真鍮のワイアーで出来たカゴと、
L字型のメープルのフレームに
裸電球の組み合わせ。
これもまた影が面白い。
E915F204-9CF7-49EA-85D0-C4DF4C7EF67D

壁付けの照明は全て真鍮製。と言うのも、
白、木目色、真鍮ゴールドの3色で構成。
真鍮色はアクセントカラーで、
良い具合にギラついてくれる。
27645AAD-8760-40E9-B00D-4F488A705E66

リゾートホテルをオマージュ2

DF3C915D-727D-4657-A57B-F70C2A092B5A
今回は床と壁。

床材を選ぶその前に、断熱の問題を考える。
もともと吹き抜けの2階部分に部屋を作るので、
単純に垂木と床材だけでは寒さ対策に問題がある。
床垂木を掛けて、合板と床断熱材をふんだんに使い、仕上げのフローリングを選ぶ。

床材選びは空間のベースになる。と言うのは、
床材とドア枠やサッシ枠は同じ色にした方が
まとまりが出るからだ。

ミッドセンチュリーな雰囲気も欲しいので、その頃によく使われたチーク材をチョイス。
チーク材は今となっては貴重材でけっこうな価格がするが、その色や雰囲気は格段だと言える。

またチーク材にリボス塗装仕上げなので、チークの発する香りもそのまま味わえる。

そしてストレートなものより、継ぎ目を多く見せたいので乱尺貼りのチーク材で床仕上げ。
幅も90ミリなので、ちょっとしたモザイク模様に見えて美しい。

4147FFB5-6A65-4C29-8776-B251CA0F686E
壁は全て構造用合板の特寸で施工してある。
通常の構造用合板は910×1820だが、1220×2440の特寸も稀に流通している。
その稀な特寸の、木目の綺麗なモノや反り曲りの無いモノだけを使う。
(普段から木材屋さんと仲良くしていれば、こう言う注文はできる)

その構造用合板に白いペンキを厚塗りで2回塗り、
画像ではわかりづらいが、テクスチャーのある綺麗な壁ができる。
継ぎ目はパテ処理など施ず、そのまま魅せるのが個人的な好み。
そうする事で、後々起きるパテ割れなどで壁にヒビが入って見えるのを防げる。

そして構造用合板にはクレーター模様に見える節や、自然なヒビなどがあり、
それを全て模様と捉える事で、ノッペリとした雰囲気では無く、アンティークな雰囲気を醸し出せる。

今回はここまで。

リゾートホテルをオマージュ

27645AAD-8760-40E9-B00D-4F488A705E66
オーダー家具も含めて、空間デザインの依頼もたまにいただける。

25畳程のスペースにガラス窓を沢山付ける
ウオークインクローゼットを組み込む
最終的にリゾートホテルの様な空間にする
が今回の要望。

先ずガラス窓を沢山付けるのは
内装工事のみのため外窓は付けれない。
出来たとしてもコストがかかる過ぎる。

それを解決するため間仕切りを設けて、木枠を取り付けガラスを嵌める。
画像では正方形の窓の繰り返しに見えるが、大判ガラスを嵌め込み木格子を嵌めて、そう見せている。
この工法はコストも手間も省けるので一石二鳥。

そしてリゾートホテルをオマージュするには天井が肝だと思う。
天井には木を使いたいが、樹種を選ぶのはとても難しい。

節のある木を使うとカントリー調になるし、白木だと味気ない、濃色だと重厚さが出てしまう。
開放感があってワクワクさせてくれる色?ちょっと赤みがかった色?
と落とし込んでいくとアメリカンチェリーの板目が候補にあがった。

無垢材を選ぶとコストと手間、重量がかさむので天井の補強工事が必須のため、突き板を指定。
木材の目利きには多少自信があるので、
数社からアメリカンチェリーの突き板現物サンプルを頂き、1番良いものを選び施工。
無垢材程の木目の荒々しさや立体感は無いが、スッキリとした清潔感ある雰囲気が出来た。

また天井をスッキリと見せるため、照明は天井に取り付けしない。
エアコンは目立たないように、色と取り付け場所に一工夫。
こう言った積み重ねが空間デザインには必要。

今回はここまで。