東欧の国 セルビア視察2

セルビアに友人がいる。と言ってもsnsを通じて知り合った友人なので、今回の視察で彼らと初めて会う。
初めて会うがスカイプを使って話をしているので、初めてと言う感じは一切しない。

彼がセルビアの何処を案内してほしい?と聞く。
あなたの家に行ってあなたの家族に会って、一緒にご飯を食べたい!と無理を承知でお願いする。
彼は二つ返事でタクシーを呼び、彼の家に行く。一軒家ではなく、7階建の団地だ。
満面な笑顔で彼の家族に迎えられ、家の中を全部見せてもらう。
3LDKの空間で内装は彼の父ダイアンが設計施工したという。
配色も綺麗だし、モノが少なくてスッキリしている。ピンクや赤の壁でも、ちゃんとまとめらるんや!と納得してしまう。そんな話をダイアンにすると、彼は建築のプランナーの仕事をしていると言っていた。本職じゃん!

友人よりもその父ダイアンと意気投合してしまい、ラキヤを飲みながら夕食と楽しい会話をする。
セルビアは海が無いけど、食べ物は豊富で肉は美味いし、ワイン、地ビール、ラキヤ、パン、何でも美味いんだ!
ただこの国はお金がないんだよ。若い人は大卒でも仕事を見つけるのは大変だ。優秀な若者は仕事を求めてセルビアを出てしまうし、何とかしないといけないんだ。と興味深い意見を聞かせてもらう。

突然お邪魔したのにも関わらず手厚いおもてなしを受け、お土産にラキヤをボトル1本いただく。
彼らとはまた会いたいので、次来る時は日本のお酒を持って来ますね!と再会の約束を交わした。
33BFD511-6F65-48D9-B033-FFC8BA99B157

A96F7C40-3352-4231-B2EC-C8E85D13BCA6

D238C2C1-BD12-4828-8861-BE89AB6655E0

東欧の国 セルビア視察

ゴールデンウイークを少しずらして、セルビアに行って来た。モスクワで乗り換えて片道15時間程。
セルビアの空港に着いて早々、スーツケースが空港の手違いでドイツに行ってしまい、カウンターで手続きの面倒までいただく。

さて、今回の目的はセルビアと言う国が社会主義から資本主義に、
ゆっくり時代が変わっていくのを肌で感じたいのと、セルビア人の文化を見たいの二つだ。

セルビアの首都ベオグラードには戦争の拠点となったベオグラード要塞がある。
とんでもなく大きな敷地で、昔この土地が栄えていたのがわかる。
そして街の中にも大きな建物がずらりと並んでいる。はっきりした時代はわからないが、100年以上前の建物らしい。
ほとんどの建物が美術館かと思わせる程に装飾的で美しいが、
半分以上の建物は空き店舗で後はレストランかカフェなどの飲食店か、
外資系のアパレル、zaraやH&Mなどが入っている。
何処の街、何処の国に行っても、同じお店で同じモノが売られているのに少しがっくりする。
ただお店の中は昔の建築が生かされていて、モールディングが沢山施され、デコラティブな上質な雰囲気。
壁のペンキも昔のままだったりするので、エイジングが効いていて柔らかい雰囲気に包みこまれる。

歩き疲れてカフェに入り、セルビア名物 ラキヤ(果実の蒸留酒)を頼む。
カリン、ぶどう、あんず、ももなどのフレーバーがあり、ショットグラスで飲み干し次々とフレーバーを試す。
ウエイターから私の飲みっぷりを褒められるが、45%のアルコールなので、その後はかなりしんどかった。

648EDD23-CB61-442E-9B83-17C889EA5A8B
BD1325A9-995C-43FE-8170-9A9D293ED0F2