ナラ材アンティークスツール2

前回の補足

このスツールの材料はナラ材。しかし普通家具に使うナラ材ではない。
朝日町にある尾山製材さんで買い付けした、その名も〝虫喰いナラ〟

虫喰いされた木材はほぼ価値が無くなるが、
尾山製材さんはそこに目をつけ、一つ一つの個体として木材に価値を付けている。

その虫喰いされた表情は経年変化された風合いを出し、
新品なのにアンティークの雰囲気を感じる。

そしてナラ材の特徴である、〝虎斑〟(トラフ)。
右側にある脚のマダラな模様、これが虎斑だ。

そもそも虎の模様に似ている事から、虎斑と名付けられている。
この虎斑がはっきり出るナラが私の好みだ。

このスツールには、虫喰い、虎斑、白太、と様々な木の表情が入っている。
とてもお気に入りなスツールに仕上がった。
IMG_3164

ナラ材アンティークスツール

先日、古道具屋さんでアンティークなスツールを見かけた。
4本脚のシンプルなスツール、
木材も経年変化を経て良い色合いになっている。

久しぶりにスツールを見て欲しいなあと思った。
それは一脚しかなっかたので、目に焼き付けて帰りスケッチをする。

スツールや椅子などは座面高さがある程度、人間工学上決まっている。
脚の太さ、座面の大きさなどは、先ず耐荷重性、座りやすさ、見た目といった順番に決めていく。
元ネタはあるので2時間程で図面を作成する。

図面と言っても、大きなベニヤ板に原寸図を書くのが1番正確で、
見た目のバランスもとれる。
パソコンを使った図面だとスケール感が無いし、
木組みをする為の木組み図まで書き込めないので不向きだ。

このスツールのポイントは、脚の勾配がある所。
10度の勾配で木組みの加工をする。これが本当に面倒な仕事。

ありそうであんまり無いデザインのこのスツール、
やはり製作するのが大変でコストがかかってしまうからだろうと、
一人で納得する。

IMG_3163

ディスプレイ棚

近所の金物屋さんから、お店で使用する棚の注文があった。
50ミリ程の商品を、沢山並べる為の専用の棚。

そして製作したのがこれ。全部で75マスもある。
これだけマスが細かくて沢山あると、結構カッコ良い。
そしてシュッとした雰囲気を魅せる為に、内部の間仕切りを薄くしてある。
この間仕切りの厚みを、外板と同じ厚みで作った場合、野暮ったくなってしまう。

欲しい機能を作るのは木工所だから簡単なんだけど、
綺麗な家具を作るには普段から勉強しておかないと、
機能美は追求出来ないんだな。

IMG_3162