特権

最近、毎週渓流釣りに行っている。
多い時は週2回行ったりもする。
そして2時間で5匹程釣っている。
とても良い釣果だ。

しかしこんな良い釣果なのは、一年で6月と7月と9月だけ。
7月下旬になると、オロロと呼ばれるアブが羽化する季節。
奴らは半端ない。二酸化炭素を嗅ぎつけて集団でやって来る。
それは数えきれない程の黒い塊で、私の車の周りを飛んでいる。
そしてコンコンと車に当たって、ノックして来る。

間違ってドアを開けようものなら、奴らはいっせいに車の中に入り私の体を刺しまくる。
最悪の場合、アナフィラキシーショックで死に至る。

そんなリスクは負いたくないので、7月下旬〜8月いっぱいは釣りはお休み。
9月になればオロロはいなくなるが、天気が不安定になる。

ちなみに10月〜2月までは禁漁期間、3月〜5月は雪解け水の影響で川の水量がとても増える。
水量が増えると危険度も増すし、魚の棲むエリアが増えるので釣れにくくなる。

結果、6月、7月、9月 天気の良い日が続くと川の水が減り、水深のある場所にイワナが溜まる。

それを思うとウズウズして、たまに釣りに行ったりしている。

その分の仕事の遅れは残業などで全てカバー。これが自営業の特権ですな!
IMG_3099

写真は私が渓流で釣った23センチのニジマス。(全然自慢するサイズではございません)

シャイな人達

最近シャイな人達がよく工場に来る。

先日、九州から工場見学に来たいと電話があり、快諾した。
そして23歳男子が弊社を訪れたのだが、自分からは何も話さない。
私が会社案内を2時間程話し、質問ありますか?と尋ねても〝ありません〟
と答え、気が済んだのか九州に帰っていった。
どうやらシャイな性格らしい。

そう言えば去年も秋田県から若い男子が工場見学に来たが、
同じ様に帰っていった。

今週は高校のインターンシップで、男子2名を受け入れた。
最初の挨拶で、彼らがシャイなのが理解出来た。
何とか彼らとの距離を縮めようと沢山話し掛けるが、
〝緊張している〟を理由に話してくれない。

〝人見知りなんです、緊張しているんです、シャイなんです〟を理由に、
下駄を預けられても困る。
弊社を選んで自分から来ているのだから、自分から話す努力をして欲しい。

と思っていたインターンシップ最終日、高校生が話し掛けて来た。

そして少し笑顔が生まれる。
少しづつ緊張がほぐれてきたのか、自分から動く事を覚えチーク材のトレイを真剣に作っている。
枠を組み、カンナで削り、サンディングを終え、リボス塗装を施す。
設計から製作、塗装工程を学び、家でトレイを使い検証までしてもらう。
IMG_3096
彼らなりに一生懸命考えていたんだろうな。
大人よりも高校生の方が順応性が高く素直なので、伸びるスピードが速い。
彼らの成長を間近で見る事が出来、ちょっと嬉しい瞬間だった。

Special thanks
1年前に寿退社した司が、東京からインターンシップのお手伝いに来てくれた。
私の手がふさがっているのを見て、パパッと高校生達に指示をしている。
そしてササッと掃除をして、周りのタイミングを計っている。
そのキレキレの頭は健在で、今回も大助かりやった。