隠れた才能

IMG_3091

とある平日、仕事を半日だけ休み 早朝から渓流に出かけた。
かれこれ渓流釣り歴25年、下手の横好きで続けている。最初はルアーフィッシングから始め、次はシンプルな餌釣り、そして今回初めての毛鉤での釣りだ。

毛鉤での釣り、通称〝テンカラ〝 日本に昔からある釣り方で、針に水鳥の毛を巻き虫の様に見せ水面に着地させる。
そして3秒から5秒位流して反応を見る。何も反応が無い場合はもう一度繰り返すか違う場所に落とす。
簡単に思えるが重りを付けないので、思い通りの場所に打ち込むのは至難の技。

初めてのテンカラ釣り、当然1匹も釣れないのを覚悟していたが、開始から30分 水底からイワナが顔を出し毛鉤に食いついた!
〝ググッと竿がしなる〝
なかなかの引きを味わいながら、岸際にイワナを寄せる。30センチ近いイワナに出会う。

クーラーボックスを持って来ていないので、尾ビレをビュンと振って川に戻って行く。
まだ手に引いた時の感覚が残っている。そんな余韻に浸りながら、ヤル気が湧いてくる。

そして20分後、また大きく竿がしなる。
〝竿先がビュンビュン唸りだす〝
興奮しながらも丁寧に岸際に寄せる。
なんと25センチ程のヤマメだ。渓流の女王 〝山女〝と言われるこの魚、本当に美しい。
上の写真がヤマメ、残念ながらカメラを持っていなかったので、私が釣ったものではないが…

その後も順調に2匹イワナを釣り、2時間程で4匹と嬉しい釣果だ。
このサイズのイワナやヤマメ、この短時間、今までの渓流釣りで1番良い釣果だろう。

まだ私に〝隠れた才能〝があったなんて!
テンカラ釣り、これは面白い釣りだ。
IMG_3092

グミの王様

先日〝スーツケースのハヤシさんですか?〝と電話が掛かってきた。
〝ウチはオーダー家具を製作する会社なので、スーツケースは作っておりません〝と答えると、
〝スーツケースで検索したら、ハヤシさんのサイトが出て来ましたよ〝と言われる。
〝去年スーツケースを購入したとブログに書きましたが、作っているとは一言も書いておりません〝
〝あー、そうなんですか〜、すみません〝と電話を終える。

検索したんなら、最後までブログ読んでほしいなあ。早とちり過ぎてちょっと面白かったけど。

今日も仕事とは全然関係無い話を書くが、家具や家具職人見習い募集についての問い合わせは毎日待っている。

ここ数年グミが好きだ。
そしてハード系のグミが私の好み。
国産に多いフニャっとしたモノや中にジュレが入っているモノは全く口に合わない。

グミの王道と言えばドイツ製のハリボー。クマの形とカラフルなグミで、簡単には噛みきれない。
そして味もイケるし、色によって味が違うのも良い。ただ、少し高い。一袋100グラム入りで200円が相場。ヘビーユーザーの私的にはもう少しお安い方が嬉しいと常々思っていた。

そして先日、ダイソーで運命の出会いを果たした。
〝ネオン ベアーズ〝と言うとてもハリボーに似せているグミ。
原産国もスペインとエキゾチック感漂う。
内容量も80グラム100円とかなりお得。そして色合いもハリボーよりビビッドで毒々しさが漂う。
そもそも食べ物に青色をチョイスする辺りは、一体何の味に似せるのだろうかと興味が湧きたてられる。

食感はハリボーと同じ、味はハリボーとは若干違い想像通り毒毒しくて美味。青色は普通に美味いが、黄色のレモン味が酸味があって、最初食べた時に吐き出そうかと思ったが、今はそれがクセになる。

先日、ダイソーで大人買いを済ませ、最近お腹の調子が悪いのはそのせいだろうか?と悩む今日この頃。
IMG_3090IMG_3089

ヌマエビとメダカ

IMG_3088

我が家のメダカが卵を産んだ。
メダカのお腹に10個位の卵を付けて泳いでいる様に愛おしさを感じ、待つ事10日間メダカの赤ちゃんが誕生した。
そしてヌマエビも卵を付けて今泳いでいる。

もう水槽の中がベビーラッシュでとても賑やかになってきた。
そして赤ちゃん達の隠れ家として水草を増やし、ミズゴケなども流木や石に縛り付け、枯山水の様に各所に配置してみる。

レイアウトの出来た水槽を、毎日ボーッとみるのがここ最近の流行りごと。
瞬く間に時間が経ってしまう。