ちょっとマニラに…

先日買ったスーツケースを持って、フィリピンの首都マニラにやって来た。

〝マニラは治安が良くないから気をつけて〟と言う言葉を沢山の人から聞き、深夜3時のマニラ空港で、どうやって安全なタクシーを探そうかと考えていた。

飛行機で隣に座っていた日本在住のフィリピン人アンジェロさん、その話をすると

〝俺が安全なタクシーを手配するから大丈夫だよ。何かあれば彼はファミリーだ、と言えば良い〟と言ってタクシーを手配してくれ、タクシー料金と大きなチップまで運転手さんに手渡していた。
めちゃくちゃ男気があってカッコ良い!
もう、フィリピンが一気に好きな外国ランキング1位になってしまう。

そんな幸運に恵まれ無事ホテルに到着。

次の日の朝からスペイン領土時代の産物、サンアグスチン教会に向けて出発をする。

今回乗ってみたかったのは、ジプニーと言う乗り合いバス。
走っているジプニーを探し、サイドに書いてある行き先を確認して、手を上げて停める。そして後ろから乗り込み、運転手に8ペソ(20円)を手渡す。運転手まで手が届かない場合は隣の人に手渡せば、バケツリレーの要領で払える。お釣りがあればその逆で返ってくる。
IMG_3039
(上の写真がジプニー)
乗り心地は悪く、しっかり捕まっていないと天井に頭をぶつけそうだ。おまけに急ブレーキも沢山ある。目的地に近づくと、壁をコインでコンコンと叩けば止まってくれる。街の中をビュンビュンと走り周っているので、市民の足として大活躍だ。

30分程でお目当のサンアグスチン教会に到着。
今回はバロック様式を見たくて来たのだが、幸運な事に中で結婚式をしている。
期待を胸に中に入ろうとするが、入場禁止の札が立ちはだかる。

どうしても見たかったので窓の隙間から10分程見ていると、
余程物欲しそうな顔をしてたのか、警備のお姉さんが特別に中に入る事を許可してくれた。

もう、中に入ると別世界!
天井が留まる事を知らない位高く、そして装飾の美しさ。
どこを見ても退屈な空間など無く、デコラティブな世界。
そしてピアノと弦楽器の音が鳴り響き、家族からの祝福の言葉や歓声の声で、本当に幸せに包まれている。
こんな温かい気持ちになったのは、いつぶりだろうか?
なんだか良くわからないが涙が出そうになってしまう。

やはり海外に来ると、心の底から震える感覚があり、感性を研ぎ澄ますには良い環境だ。
IMG_3040

フィグロール

IMG_3037イギリス人の友人トムが、日本に帰ってきた。
私は彼に日本の文化と日本語を、彼は私にイギリスの文化と英語を教えてくれる。
たまに彼と英語で話している時に、本当に自分は英語が話せていると勘違いするくらい、彼の語学に対する寛容力は広い。

もともとイギリスでは移民が多く、ロンドンではフランス語、イタリア語、ドイツ語、スペイン語、中国語、等々、様々な言語が飛び交っていて、英語で話している人の方が少ないよ。と彼は言う。

そして英語になると様々な地域で話されているかわりに、訛りが強くその訛りに対応出来るのが国際的豊かなイギリス人らしい。

例えばアメリカでは水をワーラー、イギリスではウオーターと明らかな発音の違いがある。
日本人としては、イギリス英語の方が断然ヒアリングしやすい。

そんな文化の話をしながら、食べ物の話も沢山する。

イギリスで有名なお菓子って何?と聞いたら、フィグロールと答えが帰ってきた。
イチジクの実を干したものを小麦粉で巻いたものらしい。

すごく食べたい!!!とアピールしたら、わざわざイギリスから彼が取り寄せてくれた。

さて気になるお味は? レーズンロールのイチジク味、でも果肉が沢山入っていて、めちゃくちゃ美味い!
先日買ったばかりのスコッチを一口飲んで、フィグロールを食べる。これがドンピシャで合う。
いつもよりもスコッチを飲み過ぎてしまった。