旅の目的

カンボジアから帰国した。3泊5日の短い旅、しかも楽しい時間 なので、あっと言う間に過ぎてしまった。

色々な人から〝何でいつも海外に行くの?〟と質問される。

私としてその質問は〝何でご飯を食べるの?〟答えは〝お腹が空いたから〟と言ったモノに近い。

海外には行きたいから行ってるだけ。しいて言えば、素材の勉強や家具のデザインの勉強だ。

海外に行くと、色々な家具や色々な木材、そして色々な素材表現のモノがある。そう言うモノが目に飛び込んで来ると、嬉しくて仕方がない。ただそれを勉強と言うと、おこがましい気がするので、返答に困るわけだ。

カンボジアの木工は、技術的に遅れているのでけっこう粗い。日本の木工技術で言うと、戦前の技術より今も遅れている。ただそれは、進化した木工技術の必要性が無いから発展してない様にも見える。

その粗い木工の木材の持つ素材感が、半端なく格好良い。そして材木が沢山ある国なので、良質な材木を惜しみなくドーンと使っている。あまりに素敵に見えたので、企業秘密と言う事で写真は掲載しない。

ここ最近日本では〝エイジング仕上げ〟と言って新しい家具を、古く見せる加工が流行している。恐らくヨーロッパのアンティーク家具をモチーフにしていると思う。しかしアジアの家具も負けず劣らず、良い雰囲気を出している。そういうモノを間近で見るのは、今後の素材表現の幅が広がり嬉しい事だ。

今回はガイドのテペットさんの家に、3日間毎日入り浸り、カンボジアの家を見せてもらい、手料理を沢山食べさせてもらい、お返しにキッチンで味噌汁を作って振舞ったりと、実際のカンボジアの生活に近い体験をさせてもらった。その中で建築、家具、文化をものすごい近い形で体験出来たのは、とても貴重な事だ。

そんな素晴らしい3日間も別れの時になり、ガイド料を彼に手渡した。

〝またいつでもカンボジアに帰っておいで〟と照れながら彼は言う。

そして〝チップでは無いんだけど、プライベートでローカルな場所に連れて行ってもらったし、ビールやご馳走も沢山頂いたんで〟とお札を出した瞬間〝友達やから要らないよ、また来てね〟の言葉。何だかウルルンの様な別れになって、また行くやろなーと強く思った。

左から2番目がテペットさん、下の写真はローカルな遊園地

IMG_2715

カンボジアからこんにちは

 

最近アジアにはまってしまい、今カンボジアに来ている。3年ぶり2度目の旅だ。
この街には〝アンコールワット〟などの遺跡が沢山あり、世界中から旅人が集うため、それを支える台所として、シェムリアップの町がある。
私としては、この台所の街シェムリアップがとても気に入っている。おそらく日本の高度成長期もこんな感じで活気があったのではなかろうか?と思う程、人々が活き活きとしている。

今回は遺跡よりも、地元密着の旅をするために、前回ガイドしてもらった現地のテペットさんにガイドをしてもらう。
そして幸運な事に、テペットさんの家で夕食をご馳走して頂いた。
豪華ディナーは〝雷魚の唐揚げ〟〝カエルと生姜の炒め物〟〝海苔のスープ〟〝鳥の姿焼〟など初めてのものばかりだ。

雷魚の唐揚げは50センチ位の雷魚を半分に切り、素揚げをして辛旨なソースで和える。中がホクホクで内臓も一緒に食べ事を勧められる。とても香ばしく、アンコールビールが進む。

image

カエルと生姜の炒め物は、カエルのぶつ切りと生姜の短冊切りを特性ソースで和える。カエルの骨が意外に固く、歯に自信の無い方は食べれそうにない。

海苔のスープはちょっと味気ないが、ご飯にかけて香辛料をまぶして食べるものだった。それをすると一気に口の中で旨味が広がる。

鳥の姿焼は、モモンガが飛行しているポーズでそのまま出てくる。骨など一切取ってなく、全て食べるらしい。とても旨いのだが、食べるの大変だ。

とりあえず勧められるものを、ニコニコしながら〝チュガニー〟現地語で美味しいを連発していると、明日も夕食に誘われる。まだまだ他の旨いモノをご馳走してくれるらしい。

とても楽しみであるが、お腹を壊さないか心配である。

 

image

 

 

 

 

N様邸バーカウンター

個人のお客さんから、自宅用のバーカウンターの注文を頂いた。

部屋の隅にバーカウンターを設置して、友人を招き 〝おもてなし 〟をしながら毎週末を過ごしたい、と言うとてもユニークなオーダーだ。

先ずは部屋の間取りと動線の確認をして、ラフスケッチを描く。それを基に詳細を打ち合わせして製作に入る。

この時気を付けなければならないのが、色と予算の問題。

お客さんは、一世一代のつもりで高価なオーダー家具を注文している。絶対に失敗したくない気持ちが強過ぎて、壁の色に合わせて白いカウンターや、床の色に合わせて薄茶色のカウンターを好む。

しかしバーカウンターと言えば、マホガニー材のイメージが誰しもに知らずの内にすり込まれている。

マホガニー材と言えば赤茶系の色なので、お客さんの意見に頷きながらも、ゆっくりと赤茶系の色に誘導する。なんとか粘ったあげく、赤茶系の色で了承してもらう。

もう一つはコーナーを丸くするか、直角にするかの問題。当然丸くした方がコストが高い。お客さんはコストの関係で直角を選ぶが、ここは丸くしないとカウンターを作った意味が無い!と言わんばかりに説得する。そしてここもなんとか了承してもらう。

私としては売り上げを上げたくて、そう言う事を言ってるつもりは全く無い。

最終的に〝買って良かった!〟の声が聞きたいだけだ。

最近のお客さんは失敗を恐れて、無難なモノをオーダーする傾向が強い。その通りに設計製作を行えばスムーズに事は済むが、そこには〝買って良かった〟の声は無い。

その声を聞きたいがために、家具職人として、また家具デザイナーとして、打ち合わせに多くの時間を使っている。

今日の納品でも、私の聞きたい声が聞けて一安心。(写真はウチの工場で写したものです)

IMG_2696 IMG_2697

炎のマッチ棒

 

こんにちは。マッチ棒です。

GWは、お天気に恵まれそうですねϵ( ‘Θ’ )϶

皆さまいかがお過ごしでしょうか。

 

工場では、木材のシーズニングを行いました。
シーズニングとは、木材の表面と内部の含水量を均一にするための工程のこと。
板の間に桟木を挟みながら 上げ、風通しを良くします。
大きな木材を動かすのは、なかなか大変です。

重いから?いいえ、それだけではありません。

『炎のマッチ棒マービー』の前に立ちはだかるのは、
極悪非道で高名な『ナガサー』です。

しかも、相手は総勢50の多勢に無勢。
重心を上手く使って、てこの原理のように運べば撃破できるはずです。

 

ところが、それが簡単ではない。
長い束に振られて、あっちへふらふら、こっちへふらふら。
そこをなんとか踏ん張る。ここで退くと今度は『オモサー』に隙を突かれます。

マービーは二本の腕では足らず、『オデコー』を召喚。
お師匠のアシストでようやく1束を梁に立て掛けます。

ギリギリの攻防戦を経て、ついに勝利を掴みました。

 

こうしてできた牙城がこれです。1、2、3!

 

image

綺麗でしょう?
マービーの挑戦はまだまだまだまだ続きます。
最後まで読んでくださり、ありがとうございました!

〝マッチ棒〟

最近ウチの会社に新人が入って来た。

ショートヘアーの似合う可愛い女の子、ほんの少し〝マッチ棒〟に似ている。

そして突然自分の事を〝マーガレット〟や〝マービー〟〝ペギー〟などと呼び出し、取り引き先の業者さんにも堂々と、◯木マーガレット◯子です!と、ミドルネームを入れて自己紹介している。

業者さん達も彼女の真剣な自己紹介と眼差しに興味津々だ。そして〝どちらの国から来られたのですか?〟と問われている。

おそらく国の類いでは無く、どこかの星の類いの人種だと思う。それくらいの個性派な新人が加わり、毎日楽しく仕事をしている。

その甲斐あってか最近、〝webを見ました!〟と、色々な問い合わせが増えている。しかも県外からの問い合わせが多い。ローカルな町工場が少しづつだが、県外からお声がかかるのは大変嬉しい。

いつかは国境をまたいだ仕事もしたいな。そのために、そろそろ海外視察に行かなければ!

IMG_2651