自転車に木製カゴ作ってみました!

こんにちは、ハヤシ製作所の林です。

先日友人からイギリスメーカーのラレーと言う自転車を譲ってもらいました。前後のタイヤが20インチと小さいながらもお洒落な自転車です。街乗り用にする為カゴを取り付けたいのですが、この自転車の雰囲気に合うカゴは市販の物では見つかりません。

木で作ろうかな〜と一瞬思いましたが、設計や強度の事、自転車への取り付け方法や製作、とても大変そうなので、考えるとめげてしまいます。それでもやはりカゴが欲しいので、とりあえず製作してみました。

先づはカゴの大きさを決める。大きいと便利ですがかっこ悪い、小さいとかっこ良いけど不便。うーむ、ここは大きめの方が利便性が良いなと言う事で大きめをチョイス。

次は強度の事。自転車は結構倒れたりぶつけたりするので、それなりの強度が必要。そうなると普通に四角い箱を作ると、倒れた場合に角の部分に力が集中して壊れるので、積層方法で曲げて作る事にしました。

image

木型を作って曲げる。曲げるのは簡単ですが、木型のオスメスを作るのが地味で大変です。

木型でプレスをしてできあがた積層合板。今回は3ミリの板を2枚貼り合わせて6ミリの板にしました。同じシナの板で底板も作りましたが、ここで問題発生。普通に底板を作ると水が溜まってしまい、耐久性が著しく悪くなります。苦肉の索で水抜き穴を追加して、仮組みをして自転車に取り付け雰囲気を見てみました。

image

うわっ!デカイ!これはあかんわ。最初の設計段階で原寸の型を作って雰囲気を見てたはずなのに、実物になるとデカすぎました。木型を作り変えるのも大変なので、そのままカットして製作する事にしました。(高さに関しては後でもう一段積み上げます)

カットして組み付け、なんとか自転車に取り付け。最初の設計では幅40センチ×奥行25センチ×高さ27センチ、それを幅だけ変更して30センチにしました。幅と奥行は納得の大きさですが、今度は高さが高くて気になります。しかし自転車への取り付け上、この高さがどうしても必要なのでここは我慢です。

塗装して完成!のはずが真ん中の隙間が気になります。

image

友人の鉄工所に行って真鍮板を切ってもらい、隙間に取り付けてこれで完成!

image

まだまだ気に入ってない所は山ほどありますが、今年一年これで遊んで見ようと思います。

オマケ

カゴの中に水が溜まるのを防ぐ為、底板を取り付けずに製作しました。代わりにお餅を焼く時の網を引いて出来上がり。隙間が沢山あるのはご愛嬌です。いざという時に餅網を使う事も出来る優れたカゴです‼︎

image

iPadケースから漂う良い香り

こんにちは、ハヤシ製作所の林です。

三カ月位前に作った木製iPadケースが少し汚れてきたので、水雑巾でピカピカに磨き上げました。細かな傷なども水雑巾で磨くと、木が水分を吸って膨らんでくるので、傷も目立たなくなります。そして磨き終わると新品の様に木の香りがプンプン漂ってきます。これには私もビックリしました。おそらく米杉材を使用してるのでそうなるんでしょうね。米杉材とは簡単に言うとアメリカに生えている杉材です。色は日本の杉に比べて少し黒く褐色かかっています。また匂いも強く大きな面積で使用すると、部屋の中が木工所の様な匂いになります。今回はiPadケースなので、匂いも薄っすら漂うとても良い香りを私の鼻に届けてくれます。自分で作ったモノで新しい発見があるって言うのはとても嬉しい瞬間です。

image