富山マテリアルワークショップ

ハヤシ製作所の林です。
先日富山県デザインセンターのマテリアルワークショップに
参加して来ました!

これは富山の産業である鋳物やガラスを使って異素材と組み合わせ、
その製造工程をスタッフの手を借りながら自分達で製作して、
素材や技術を学び新しい価値観を見出そうという企画です。

今回作ったのは先日からブログで書いてるサイドボードの脚を、
鋳物の技術を使って真鍮製で
型作り〜鋳造〜仕上げと3日間かけて製作です。

初めての真鍮製鋳物、金属をドロドロに溶かして型に流し込み
出来上がった鋳物をひたすら歯医者さんとかで使うリューターで
細かく削り、何工程もえてピカピカにツヤをだしていきます。

これが無茶苦茶大変で、ただひたすら研磨あるのみ!って感じです。
普段木を削って硬いな〜何て思ってたけど、やはり金属はもっと硬くて
ちょっと削るのに1時間位かかってしまいます。

サイドボード2台分の脚、合計8本 スタッフからは4本作るのが限界だと
言われてましたが、どうしても8本欲しくてみなさんの手を借りて何とか完成!
が、アドバイザーから2本サイドボードあるんなら1本立てた展示した方が
印象良いだろう〜と、言われ次が弊社でサイドボードの作り直しに
なったりとか‥。
お披露目は10月2日〜 6日 富山国際会議場で見れます。

今回は8組の素晴らしいデザイナーさん達と一緒にワークショップができ、
めちゃくちゃ楽しい3日間でした!
彼らと共に考え 製作に集中して、夜はお酒飲みながら
語った時間が 本当に充実してて、とてもいい機会を
与えてくださった関係者に感謝です。

素材や技術との出会いも素晴らしいですが、人との出会いに勝る
モノはないな〜と強く感じた時間でした。

 

imageimageimageimage

サイドボード2

ハヤシ製作所の林です。

先日も書きましたが、サイドボードを作っています。

これはオーダーでは無く私の作品として色々考えながら、
楽しんで作ってるモノ。

元々幼い頃から家具やインテリアが大好きなので、
自分で家具を作れるなんて我ながら幸せモノです。

作品なのでテーマを設けてあり、 見落としてる素材 がテーマです。

普段なら下地に使うラワン合板をあえて仕上げ材にする!

最近の楢(ナラ)やタモ、ウオルナットなどの突き板は綺麗過ぎて、
素材感を感じれない場合があり、ラワン合板はその逆で
荒々しく木の感じが強く感じます。

塗装も最近は艶なしのワックス塗装が主流ですが、全ツヤの
飴色みたいに厚く塗ってあります。こうすることで木目に
奥行きができ、味わい深いモノになります。

引戸の素材はMDF材、木の繊維を圧縮したクラフト紙みたいな材料です。
このままでも充分綺麗なので、手垢止め程度のワックスを塗って使用。

全体的なデザインは横ラインを強調してシンプルなモノにし、
最後に金属の脚を付けます。

実はこの金属の脚がメインになります。

続きはまた今度。

10月初旬には発表出来る予定です。

 

imageimageimage

朝のお散歩

ハヤシ製作所のツカサです。
せっかくの休日なので、朝ちょっと早めに起きて家の回りをお散歩してみました。
平日は明るい時間になかなか余裕がないので、とても新鮮でした。
そのせいかいつもはクルマの戸を開けてカエルがいるとすごく驚くのに、隙間から顔を出してるのもなんだか可愛く思えました。

家庭菜園を見に行くとオクラの花がとても綺麗でした。食べるだけで全然見ていなかったのでオクラのなり方にもびっくりしました。(笑)
ついでにノウゼンカズラの花も綺麗に咲いていたので撮ってみました。
私的には外壁に張り付いている葉の感じが好きなのですが、なんと明日切ってしまうとのこと(泣)雨どいに巻きついてしまっているため雨どいが壊れるのだとか…ちょっと残念でしたが運良く最後に見れたから良しとしよう。
距離にすると少しですが、なんだか大冒険が出来た気がしました。♪( ´▽`)

imageimageimage

フランスから帰国!

去年日本クラフト展に出展した作品 SOLID が、
フランス展を無事終え 私の手元に約一年ぶりに帰ってきました。
この作品は日本クラフト展で経済産業大臣賞も受賞し、
人生を大きく変えてくれました。

私も作品を見にフランスに行くつもりでしたが、
旅費があまりにも高くて行けませんでした。
まあ自分の作品がフランスまで行って、多くの方に見てもらえたと
思うだけで鳥肌モノです。

しばらくは会社のギャラリーで展示しているので、
見たい方お気軽に来てください。

imageimage

煙突掃除

9月に入り暑いのもひと段落。
工場のエアコンのスイッチを入れる機会も減ってきました。

日課のエアコンフィルター掃除もしなくてよいので、
掃除の負担が減り余裕が出てきた今日この頃。

当然ですが、暑いのが終わると次は寒い日々が近づいてきます。
てなことで、今日はマキストーブの煙突掃除。
煙突内には沢山 煤(すす)が溜まってて、これに火が着くと
煙突火災の原因になります。

煙突を全て外しブラシでゴシゴシ磨き、煤を取り払います。
作業的には簡単だけど手や服が真っ黒になるので、
黒い服で行うのがポイントです。

これでマキストーブの準備は万端。
後はマキの準備もしなきゃ。

imageimage

ワークショップ

最近密かにワークショップを開催してます。
密かにと言ってますがブログで書いたので密かにではありませんが‥。

8月は2家族の方が遥々東京から弊社に訪れ、ワークショップを
体験していきました。内容は木を削って栓抜きを作ります。
さすがに口金部分は木で作れないので、2ミリ厚の銅板を曲げて
加工屋さんで作ってもらいます。

持ち手部分は好きな形を木に描いて荒く切った後、ベルトサンダーで
皆さん自由に削ります。簡単に削れていくので楽しいらしく、
粉塵まみれになりながらも笑顔で削ってます。

昨日は建築家の友人がかなり真剣に作ってて、自然なフォルムを
生かしながら、持ちやすさも考慮した栓抜きを作ってました。
持ちやすいと言っても、大きいので持ちづらかったのですが‥。(笑)

先日は夫婦でどちらが美しく作れるか勝負!と言いながら、
どっこいどっこいの勝負をしてる夫婦がいたりとか。

ワークショップを見てると、その人の本音が見えるのでかなり楽しいです。

栓抜きが出来上がったら、ジンジャエールの栓を抜いて乾杯!

その後チェキで写真撮ってウチの掲示板に貼っていきます。
みんなとても良い笑顔なので、この写真は私の宝物です。

 

imageimageimage